INFOMATION

A.M.9:30〜12:30
P.M.2:00〜20:00
木は19:00 まで、土は18:00まで
休診日:日曜日、祝祭日

ITI Intemational Team for Implantology
SID club

診察の内容

オールセラミック治療

当院では、オールセラミック治療に最新設備を導入しています。

SIRONA CERAC3

セレック治療の特長 There are many good reasons for choosing CEREC.
より天然歯に近づいた、審美的質感
さまざまな歯の色に対応し、隣接歯に良く馴染む新セラミックブロックは審美性に大変優れ咬み心地や舌触りなど質感も天然歯に近い自然な感触です。
安心・安全・身体にやさしいセラミック
金属アレルギーの心配がない、生体親和性の高い新セラミックは、変色や磨耗といった心配も不要で安心・安全・身体にやさしい素材です。完成した修復物は最先端の接着法により10年間で90%以上の残存率を実現する、優れた耐久性を誇ります。
通院1日・最短1時間での治療も可能
詰め物や被せ物をその場で設計・加工、仮歯不要で衛生的な最新システム治療です。症例により異なりますが、通院1日・最短1時間での治療も可能です。
コンピュータによる精度の高い修復物
先進のコンピュータシステムは、従来の手作業に比べ大幅に時間短縮を実現。常に安定した高品質・高精度の修復物を提供することが可能になりました。

セレック治療 Before-After

オールセラミック治療の流れ

Step1 スキャンで型取り Scaning in your mouth

スキャンで型取り
歯を削った後、3Dカメラで口腔内を撮影します。
治療する歯の患部を削った後、従来の型取りをする際の不快感を味わうことなく、先進の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)するだけ。わずか数秒これだけの作業で患部の歯列が目の前のモニタ上に再現されます。
※条例によっては従来の型取りを必要とする場合がございます。

Step2 歯の修復する部分を設計 Designing your new tooth

歯の修復する部分を設計
コンピュータの3D画面上で修復物を設計します。
モニター上であらゆる角度から、咬み合う部分の盛り上がりや形を微調整し整理的な形にしています。設計後、ご用意してあるさまざまな色のセラミックブロックから、最も適した色のブロックを選びます。
歯の修復する部分を設計

Step3 修復する部分を加工 Milling ceramic block

修復する部分を加工
ミリングマシンが設計データをもとに加工します。
ミリングマシンと呼ばれる機械が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、チェアサイドでみるみるうちに精度に優れた修復物を加工・作製していきます。
修復する部分を加工

Step4 口腔内へセッティング Placing the new tooth in your mouth

修復する部分を加工
口腔内へセットして治療完了です。
10年間で90%以上の残存率を実現する最先端の接着方法を用いて、削り出されたセラミック歯を口腔内へセットします。
これですべての治療が完了となります。
修復する部分を加工
オールセラミックの症例

当院では、さまざまなオールセラミックによる審美治療が行っております。

症例1
【上顎前歯6本を矯正しないで短期間で治療した症例】

上顎前歯部の審美性の改善を希望されて来院。
本来なら矯正治療をする症例ですが、結婚式までの半年以内での終了を希望されました。

【治療前】

治療前(正面)治療前の正面観です。

歯の長さや幅がそろっていません歯の長さや幅がそろって
いません。

【治療中】治療の流れを示します。

術前診断をしているところです。

仮歯を作製しています。

試適をしているところです。

【治療後】 最終的な状況を示します。

治療後(正面)最終的な歯の形状をチェックしています。

完璧なスマイルラインに歯の長さ、幅が調和がとれています。周りの口元にも違和感がありません。

症例2
【上顎左右側切歯を修正した症例】

【治療前】左右側切歯が小さく審美性に欠けています。

治療前(正面)治療前の正面観です。

【治療後】 上顎左右側切歯にベニアを修復し、
審美性の改善をおこないました。

治療後(正面)治療後の正面観です。

症例3
【上顎4前歯の審美性を回復した症例】

上顎前歯の変色を主訴に来院されました。

【治療前】右側側切歯は被せ物の変色、左側中切歯、
側切歯は歯牙の変色を呈しています。

治療前(正面)治療前の正面観です。

【治療中】

被せ物(オ−ルセラミック)を試適しているところです。

【治療後】 上顎4前歯にオ−ルセラミック修復を施すことにより審美性を改善しました。

治療後(正面)治療後の正面観です。

驚くほど美しくナチュラルな仕上がりに

症例4
【上顎全体の修復をおこなった症例】

上顎前歯の審美障害を主訴に来院されました。

【治療前】

治療前(正面)上顎前歯部位の詰め物の
変色と歯の傾き、歯の隙間
が問題です。

【治療中】オ−ルセラミックのフレ−ムを
試適しているところです。

【治療後】 歯牙の左右対称性が得られ、歯の隙間も改善されています。

治療後(正面アップ)全体的なバランスも良好です。

治療後(正面)至近距離から見ても違和感が
ありません。

症例5
【保険の被せ物を治療した症例】

上顎前歯部位の被せ物修正を希望して来院されました。

【治療前】

治療前(正面)治療前(正面)上顎前歯6歯がすべて保険内のプラスチックにて修復され、色調、形態ともに違和感があります。

【治療中】オ−ルセラミックの試適をしているところです。

治療中の正面観治療中の正面観です。

【治療後】 オ-ルセラミックにより修復し直したので、自然な感じが再現されました。

治療後(正面)驚くほど美しくナチュラルな仕上がりになりました治療後(正面)
驚くほど美しくナチュラルな
仕上がりになりました。

症例6
【ひどい虫歯を審美的に治療した症例】

上顎前歯部位の虫歯が気になり来院されました。

【治療前】上顎前歯部位の虫歯がひどいことが分かります。

治療前(正面)治療前の正面観です。

【治療後】 上顎は前歯部位を含め、奥歯まで
オ-ルセラミックで修正したので、
非常に審美性が改善されています。

治療後の正面観治療後の正面観です。

※ まずはカウンセリングにてドクターに診てもらいましょう。詳しくは医院スタッフまでご相談下さい。

ページトップへ