CAD/CAM セレック治療

CAD/CAMにより被せ物が1日で作成可能なセレック治療

セレック治療、セレックシステムとは

セレック3D(CAD/CAM)セレックシステムでは、患者さんの歯の状態に合わせた被せ物が1日で作製できます。
以前は、技工士やドクターの作製でしたが、にいむら歯科医院では最先端のセレック3D(CAD/CAM)を使用しております。
「セレック3D(CAD/CAM)」は、最先端の技術で修復物を作製する機械です。3次元画像で立体的に再現できるため理想の設計が可能になり、セラミック製の修復物などを作製する際もセレック3Dを用いることで最短1時間で修復物の作製が可能になりました。
実際に多くの国々での臨床研究により、セレック3Dの有用性は高く評価されています。
従来の手作業と比べ、再現性の高い理想な設計を可能とするシステムなので短時間で高品質な仕上がりの被せ物が可能となりました。
患者さま一人ひとりにぴったりフィットした、違和感のない修復物をお作りします。

にいむら歯科のセレック治療(CAD/CAM)

にいむら歯科のセレック治療(CAD/CAM)にいむら歯科医院では、口腔内に装着する修復物や補綴物の設計や加工にCAD-CAMの技術を取り入れています。
以前は、殆どの歯科治療が手作業で行われてきましたが、現在では、口腔内に装着されるインレー、部分被覆冠、全部被覆冠、ブリッジ、部分床義歯、全部床義歯、インプラント上部構造などがこの技術を用いています。

CAD/CAMの利点

短時間で被せ物が作成できる

これまで、セラミック製の修復物などを作製する際にはかなりの時間を必要としていました。
ですが、セレック3Dを用いることで最短1時間で修復物の作製が可能になりました。

より正確に、より高品質な被せものを製作できます

セラミックブロックを機械で削るため、品質にバラつきがありません。
安定した品質を保ちます。

診療日に被せ物が入れられる(事前のご予約が必要です)

セラミックブロックをセットしてミリングする時間はわずか数秒です。
印象採取、設計を経てセットまでが1日で終了します。

セラミック系材料の利用

従来の歯科用陶材、アルミナス陶材のほか、ジルコニアセラミックスの3種類。
中でも、セラミックスは、歯のエナメル質に似た近い白色で高強度な材料です。
そして、金属アレルギーや歯肉の黒化等の心配がなく、噛み心地や舌触りも自然で優れた材料です。

こんな方にお勧めです!

・ 白い歯を保ちたい!
・ 治療後の歯を目立たなくしたい!

セレック3Dの審美補綴物作成の流れ

1.歯の形成 歯科医師による印象採得です。歯を削った後、3D光学カメラを用いて歯を撮影します。わずか数秒で目の前のモニターに3D画像が映し出されます。
2.光学印象 備え付けのカメラで、口腔内を撮影し、歯の型を採り、模型を読み取ります。
3.設計 コンピューター上で3D画面を見ながら、理想の修復物をリアルに設計します。 このとき、あらゆる角度から咬み合う部分や盛り上がりを確認し、微調整を行います。
4.削り出し ミリングユニットに患者さまに最もふさわしい色のセラミックブロックをセットします。その後高精度のミリングマシンがミリングを開始します。この作業もわずか数秒で完了します。
5.試適、装着 歯科医師がお口の中に修復物を装着して治療は完了です。