審美歯科・ホワイトニング

美しい笑顔は、美しい口元から

「見た目を美しくしたい」(審美性)という思いを叶えるだけでなく、「咬み合わせを簡易に整えたい」(機能性)を実現する治療を行う診療科目、それが審美歯科です。
口元を美しく健康的にすることを目的に、当院ではさまざまな審美治療を行っています。

当歯科医院の治療例

詰め物(インレー)の場合 被せ物(クラウン)の場合
詰め物(インレー)

被せ物(クラウン)

※それぞれ、上の部分が金属、下の部分がセラミック(ハイブリットセラミック)です。

オールセラミックス 金属が含まれていない、すべてセラミックでできた歯科素材です。天然歯と同等の光の透過性を持ち、自然な見た目を実現します。金属が含まれていないため使用した際に黒いラインがでないのはもちろん、金属アレルギーも起きません。
ジルコニア 耐腐食性・生体親和性に優れている歯科素材です。「人工ダイヤモンド」と呼ばれるほどに高い強度を持ち、加えて軽量です。また、オールセラミックスと同様に天然歯と同等の光の透過性を持っています。
メタルボンド 金属の土台にセラミックを焼き付けた歯科素材です。強度が高い(金属の性質)、審美性に優れている(セラミックの性質)と、それぞれの特徴が活きています。加えて、色素が付きにくいため変色しにくいという特徴もあります。
ラミネートベニア 歯が欠けてしまった、すきっ歯の場合に用いられる修復法です(主に前歯に採用されます)。歯の表面をごく薄く削り、つけ爪のようなセラミックのシェルを貼り付けることで必要箇所を補います。
ハイブリットセラミックス セラミックとプラスチックが混ぜ合わさった歯科素材です。セラミックの持つ審美性と耐久性、プラスチックのしなやかさを持ち併せています。審美性はセラミックより劣るものの(変色するため)、咬み合う歯がすり減ることがありません。
ゴールド その名の通り、金でできた歯科素材です。しなやかで伸びやすい特性のため、封鎖性に優れています。また、生体親和性にも優れ金属アレルギーを起こす心配もありません。

ホワイトニング

ホワイトニング前

ホワイトニング後

ホワイトニングとは、歯を削らずに専用の薬剤で歯を白くする方法です。体に影響のない薬剤を用いるため、安全です。ホワイトニングには特徴の異なる「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」があります。ご相談の上、患者さまのライフスタイルにあった方法を決定しましょう。